メリット、デメリット

コピー機をオフィスなどに導入する際に、選択肢としては、大きく分けて三つあります。その選択肢としては、リースとレンタルと買取です。今回は、レンタルについて簡単にご紹介したいと思います。

コピー機のレンタルのメリットとしては、短期間でも借りることや、審査が必要ないことなどが挙げられます。また、いつでも解約できることが挙げられます。デメリットとしては、リースよりも毎月の支払い金額が高いことが上げられます。また、搬入搬出費用がかかることがとても多いです。そのため、コピー機をレンタルで導入する場合には、トータルの費用に注意しなくてはいけません。月額費用はリースよりも高額なこともそうですが、多くのレンタル会社では搬入搬出費用が初期費用として別途かかります。リースとレンタルではいろいろと代わってきますので、しっかりと理解することが大切です。

利用期間で考えるならば3年以内ならレンタルのほうが良いでしょう。レンタルの長期利用は逆に金額がかかってしまいコストパフォーマンスが悪く、多額の料金を払わなくてはなりません。そのため、一番いい方法は利用期間で判断することです。コピー機のレンタルについてはしっかりと理解してレンタルしたほうが良いでしょう。